うつの主な原因

女性

長時間労働や勉強のし過ぎでうつになる人は少なくありません。目標達成のために自分のペースで行なうことが難しい仕事や勉強では、ついつい無理をしてしまう人は多いでしょう。心身が感じた過度のプレッシャーやストレスは確実に体と心に蓄積されます。無理をそのまま続けていくと深刻なうつになるリスクを高めます。特定の人だけがなりやすいのではなく、現代を生きるほぼすべての人に発症のリスクがあると言われています。それだけストレスや疲れを抱えている人が多いということですが、うつになると自発的に治療を行なおうとする人は少なくなるとされています。それは症状によるもので、気力が大きく減少するためです。以前は元気で活発にスポーツや趣味を楽しんでいたけれど、最近は部屋で過ごすことが増えたという人もいるでしょう。変化や心身について気になる点があれば、早めに専門のクリニックを受診した方が回復への近道になります。うつの原因は人それぞれであるため、根本から治療する場合はいくつかある原因を掘り下げて見ていくことが必要だからです。うつの原因として考えられているストレスには主に4つのタイプがあります。それは精神的ストレスと構造的ストレス、化学的ストレスに温度と湿度のストレスです。これらが複雑に作用しながら心身に疲労を与えているので、1つ1つ取り除いていくことが回復への道のりと言えます。生きていると良いことも悪いこともあると言われますが、中には幼少期から大人になった現在もずっと辛い体験をし続けている人もいるでしょう。うつの治療を行なっている専門の医療機関でのカウンセリングや悩み相談が人生の転機になったという人もいます。諦めずに周りを頼ってみることが分かれ目と言っても過言ではありません。構造的ストレスは体の歪みが原因で脳からの情報伝達がうまく行なえないために、脳が感じるストレスのことを言います。自律神経失調症やうつの人では頭蓋骨の他、内臓や脳を支えている膜組織と呼ばれる布のような組織が歪んでいることも多いのです。化学的ストレスは食事などによってうつになりやすい物質あるいはうつを抑制する物質の摂取に過不足があることで感じると言われています。バランスを保つことで防げるので、食生活を見直すことも解決への一歩といえるでしょう。そして、温度と湿度の変化も人間にストレスを与えます。体温調節は意識に関係なく脳が行なってくれている働きですが、過度に変化があるとそれに対応すべく脳は働きすぎてしまいます。これらの主なストレスを取り除いていくことがうつの治療では大事です。

自分のペースで治すために

婦人

うつは誰しもに発症の可能性のある病気です。心だけでなく体に様々な症状を引き起こし、生きる活力を低下させていくので、発症するかも知れないと不安を感じている人も、専門の医療機関でカウンセリングを受けた方が安心です。

もっと詳しく

自己対策でリラックス

ドクター

若い人・年配の人に限らず、幅広い年代の方の間で急速に増えているのが、うつ病です。うつ病には自覚症状がありますが、深刻になると自分でも感じることができなくなります。安心して通える医療機関を早めに見つけて、相談しましょう。

もっと詳しく

うつ病に強い体

看護師

うつ病の予防・対策方法として日中外で新鮮な空気を吸うことや、諸侯生活などを整えて腸内環境を正すことなどがあります。うつ病の原因は人それぞれ違うため、カウンセリングを受け原因の解明を行ないましょう。

もっと詳しく